趣味を売る

自分の特技をお金に換えることができればいいなと思います。
昔は絵を描いてお金を手に入れることなんて夢のまた夢だと言われてきました。
でも、今は自分の絵を好きな時に好きなように展示して、気に入ってくれれば購入してもらうことも容易にできるようになりました。
さらに、ネットでサイト作成をする人が多く、出来るだけ自分のサイトに合った素材を探す人が増えています。
アナログ作品でもデジタル作品でも自分の趣味をお金に換える方法がたくさん増えてきたのはうれしいことです。
デジタルであれば「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングサイトで自分の趣味や特技を仕事にすることができます。
アナログでは絵やイラストを委託販売することができます。絵葉書などのハンドメイド商品にすれば「tetote(テトテ)」や「creaco(クリエーコ)」などで絵画などであれば「アートメーター」などで販売できますよ。とくに「アートメーター」は画商の感覚ではなく正に測り売りなので絵の大きさだけで金額が決まりますから、なかなか画商に気に入ってもらえないともがく画家さんには(プライドがゆるせれば)よいのかも?

アマゾンで情報を売る

自分で自費出版すれば自分の知識や思想を販売することができます。
オリジナル小説なども出版できます。
自分の頭の中にあることなので、情報源の元手は0です。
最近では自費出版が無料でできます。
ワープロソフトで作成してpdf化してインフォトップなどの情報商材サイトに登録するのもよいですし、最近では電子書籍出版が無料でできる電子書籍サイトがたくさん出てきました。
オススメなのがAmazon Kindle ダイレクト・パブリッシングで自費出版する。そう、あの大手通販サイトのAmazonでも電子書籍販売ができるのです。
Amazonで電子書籍を販売するメリットはたくさんあります。
それは自分の電子書籍を購入してくれるであろうお客様にオススメとして自動的にセールスをかけてくれます。うまくランキングに入れればそのジャンルに興味のある人の目につく位置に常に表示してくれるようになりますし、オススメ商品として販促メールを送ってくれます。それこそアフィリエイターに気に入られるようにと考える必要もありませんね。
ただし、中身がしっかりしていないと口コミでこき下ろされます。

海外ネトオクebayで転売

ネットオークションでも転売で稼ぐ方法も情報商材で人気があるようです。
特にヤフーオークションなどの国内オークションのみならずebayのような海外オークションを利用した方法もよく目にするようになりました。
ヤフーオークションをやってみたいのであれば、まずは転売をするよりもまずは自分の家の物を売ってやり方をきちんとわかってからやった方がよいようです。
優良販売者であればファンもつくようになります。
自分の家の物置や押し入れの中からプレミア品が箱に入ったまま眠っていたなんてことがあるかもしれないですよ。
そのあとは近くのリサイクルショップを自分で巡ってみます。もちろん、携帯やスマホなどで気になった商品をすぐに検索できるようにします。けっこうプレミア商品がたたき売りかと思うような金額で販売されていたりします。モバオフなどの過去の販売金額より安いようなら買いです。その場で写真撮影(ショップによっては出来ないので)できればしてしまいましょう。あとは買ったその場でモバオクに出品できちゃいますね。

アービトラージで稼ぐ方法

稼ぐ方法の中にアービトラージという方法があります。
アービトラージはギャンブルを使って、投機をリスクマネジメントした方法です。
海外のブックメーカーを複数使用して同じ試合に対し互いの対戦相手にそれぞれ賭けます。
たとえばあるブックメーカーAでオッズ3のαさんに7ドルとブックメーカーBでオッズ7のβさんに3ドルかけます。そうすると自分がこの試合にかけた金額は10ドルです。αさんが勝ってもβさんが勝っても21ドル入るので利益が11ドルになるというわけです。
世界で行われている試合はほとんどギャンブルの対象になっていますが、このような好条件の試合が常にあるわけではありませんし、常に複数のブックメーカーのオッズに目を光らせる必要があるので、アービトラージ速報を送ってくれる業者が存在します。
しかし、この業者を入れると月々の金額がかかってきますし、さらに業者が教えてくれる情報が必ずしも好条件というわけではなく、下手をすると自分で見つけた方がよい条件だったりするので、赤字になることもあります。最近では複数のブックメーカーのオッズを無料提供してくれるサイト(海外サイト)があり、エクセルなどで独自ツールを作って稼いでいる人もいるようです。

情報を売る稼ぎ方

最近はインターネットの普及によって稼ぐ方法というのがあちこちにあふれかえっています。
時には詐欺情報などもたくさんあります。
それこそ古今東西、稼ぐ方法というのは人気の情報でした。
ましてやニュースなどでも株取引でダマしただまされた。先物取引でうんぬんとネットが普及する前からです。情報を選ぶわたしたちの目も養わなければいけないです。
ネットでも稼ぐ方法がたくさんあります。
広告収入で稼ぐアフィリエイトが有名ですが、今アフィリエイトよりも稼げると人気があるのが情報を売ることだそうです。
情報をアフィリエイトするのではなく、情報そのものを自分で発信する方法です。
自分の知識を冊子や動画にして販売する方法です。
内容は自分の特技でも趣味で集めた情報でもなんでもよいのです。
ゴルフの練習法でも美容法でも健康法でも女性のモテ方とかナンパ方法とかそれこそなんでもOKです。
あとはアフィリエイターが広告してくれるような条件をつけてインフォトップなどの情報商材サイトへ登録すれば自分の情報が売れるようになります。

占い師に挑戦

前述した教祖様では胡散臭いと思いますが、しっかり勉強すれば占い師になるという方法もあります。

もっとも一攫千金のためには有名にならなければならないので秘密の在宅ワークとは言えませんが始めるまでは秘密に出来ます。

近頃ではあちこちに母とか父とかと表現される人気の占い師もいますから、結構人気の職業なのかもしれません。

話題になればメディアも放っておきませんから目的の千金獲得も近くなります。

クチコミの秘訣はやはり的中率になると思いますが、注意するべきというかこんな笑い話がありました。

占い師が交通事故に遭って大怪我をした・・。

人の不幸を笑うわけではありませんが自分の未来は判らないものなのでしょうか?

占い師だからといっても病気もすれば事故にも遭遇するでしょうけど簡単にボロは出して欲しくないですね!

彼らの言い分としては医者の不養生みたいなものでしょうか?

それとも当たるも八卦のお決まり文句?

期待したいのは「いつ、どこで宝くじを買ったら当選する」みたいな情報ですね!

転売ビジネス

転売という手段はずいぶん昔からありましたがインターネットの普及で、家から一歩も出かけずに海外から仕入れて海外に販売するということも可能になりました。

扱うものは何でもかまいませんが、需要があって、かつアナタが目利きである必要があります。

得意の分野で、どれほど鑑定眼に自信があっても需要がなければ一攫千金の前に在庫過多でドボンですからご注意!

販売手段もヤフオクから楽オク、amazonなどを利用できますので文章でのセールストークが上手ければさらに美味しい結果になりますよ。

実は私は小規模ではありますが転売で稼いだこともあります。

元手は50万円くらいで倍ではさばけましたから美味しい思いもしました。

残念なのは不況のせいか仕入れには困らないのですが需要が低下した事で販売が難しくなりました。

根強い人気なのはブランド物の転売でしょうか?

中古品でも思いがけない価格が付くことがあります。

反対に素人が扱ってはいけないのは骨董品でテレビの鑑定団でも残念な場面が放映されるのでお判りでしょう。

情報を販売して一攫千金

例えばですが3ヶ月で20kgの減量に成功する方法とか半年で1,000万円を稼ぐ方法などをご存知であれば、その情報を販売して大もうけするという手段があります。

ただし、どんなに優れた情報を持っていたとしても、お金を払って買ってくれる人がいなければ1円にもなりませんね・・。

そこでyahoo!のコンテンツであるヤフオクを使います。

ここであれば、さほどの元手もかけずに出品することは簡単ですし、紙に印刷しなくてもpdfとかで保存しておけば経費もかかりません。

問題は、それを実践した人が同じ結果を再現できるかどうかですが100パーセントではないにせよ6?70%くらいの成功者が出なければインチキ扱いされるということです。

世の中には再現性の全く無い情報でも高額で販売されているものもありますが、一歩間違うと詐欺扱いされてしまいますから安易な気持ちではいけません。

しかし、情報が本物でクチコミなどで評判になればさらなる稼ぎの道が開けるかもしれません。

あっ、ヤフオクに出ている完全自動で稼ぐ方法なんてのは手に入れるだけ無駄ですから落札しないでくださいね。

 

カブトムシで一攫千金には笑ってしまった。

出所が何処だったか忘れてしまいましたが条件が整えば完全に合法で後ろ指も刺されずに手堅く100万円くらいは稼げるかもしれない情報がありました。

要するに自分でカブトムシを育成して深夜の繁華街で販売するというものですが、酔客のオジサンたちが懐かしがって1ペアを3,000円とか5,000円で買ってくれるという話です。

確かに元手はさほどかかりませんが繁殖させるまでには時間もかかるのと寒いところでは育ちませんから環境は整えなければなりませんね。

作物であれば大量に生産するためには広大な土地も必要ですが昆虫であればアパートの一室でも育成可能ですが過去にアパートで大量のクワガタを繁殖させたものの販売する前に管理人さんがゴキブリと勘違いしてバルサンを焚いて全滅させてしまったという悲しい実例がありました。

たしか漫才師の実話だったと思いますが

実はカブトムシよりもクワガタのほうが繁殖させるのは大変だったと思いますし種類によっては高く売れます。

恵まれた環境と販売ルートが思いつくのであれば挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

今日からいきなり教祖様って無理が無いか?

いつだったかテレビで事件簿として特集していましたが普通のオバサンがいきなり教祖様になったことから事件は始まったようです。

昔はキツネ憑きとか憑依霊とかの話を聞いたことはありますが、なんの修行もせずに教祖様になった例は実は結構あります。

そもそも我が国は八百万の神々が治める国ですから知られていない宗教も沢山あります。

いいえ、宗教などと呼んではいけないのかもしれませんが突然神の使いを名乗る方や自身が神であると公言される方も出現します。

神であることを証明するものがなんであるかが明確であれば真実も判るのでしょうが自称でOKであるなら「アナタも今日から教祖様」なんてキャッチコピーの情報が販売されるかもしれません。

ところで、どういう訳か、いきなり教祖様になった方はお金が好きなようです。

小欲知足というのが、かつての僧侶のイメージでしたが

鎌倉時代にはすでに権力と結びついた宗派には多額の金がまわ贅沢の限りを尽くしたという歴史もありました。

世の中が不安定になると流行るのは宗教と保険とか?

おそらく、ここに目をつけたのか宗教ともいえない怪しい理論をぶちまけながら多額のお布施を募るなんて一攫千金をもくろむ輩にはご注意下さい。

もちろん自分でもやってみようなんてアホな考えを持ってはいけません。